芸能人のような小顔にするエラ削りの整形手術とは

エラ削りを検討している人はまずカウンセリングから

私の場合、エラを中心に、エラから顎にかけての骨を広く切除し、同時に発達していた咬筋も、かなり切除しました。
そのため、かなり輪郭をすっきりとすることができ、大満足です。
ただ、この手術は、医師の技術が大変必要になり、失敗すると口が開けずらくなったり、左右のバランスが崩れるなどのリスクも伴いますから、事前に信頼できる経験豊富な医師を選ぶことが大切です。
術後1週間は、かなり顔の下半分がパンパンに腫れてしまい、圧迫固定もしているため、口は指1本分をあけるのが限界で、極力柔らかい食事しかとることができませんでした。
1週間ほど経つと、かなり腫れも引いて、理想的な輪郭になるだろうということを実感することができましたが、まだまだテープでの保護が必要な状態でした。
まだその頃は、開口も指が3本ほどしか開かないので、硬い食べ物はまだ食べることができず、顎も疲れやすかったです。
その後は、徐々に口も大きくあけることができるようになり、硬い食べ物も徐々に食べることができるようになりました。
傷跡は、口の中しかありませんから、周囲から見られることもなく、術後の痛みも想像していたほどの激痛ではなかったので、鎮痛剤を飲んで和らげることができました。
何よりも、長年のコンプレックスを解消できたので、この手術を受けて本当に良かったと思っています。
これからエラ削りの手術を検討している人は、まずは、カウンセリングを受けてみて、信頼できるクリニックや医師かどうかを判断してみるとよいのではないでしょうか。

芸能人のような小顔への憧れ、、、 : エラ削りという整形術できれいなフェイスラインに! : エラ削りを検討している人はまずカウンセリングから

整形 エラ削り 芸能人エラ削りを失敗しない名医の選び方